DSP基板+小亀基板+センサ基板

こんな感じになりました。

NAV2_overview.jpg
本来と逆さまですが

上がDSP基板の裏面(電源部+RAM+ROMが見えています)、次が小亀基板(SDが出ています)、一番下の緑色の基板が小々亀基板のセンサ基板(加速度計3軸+ジャイロ3軸+GPS)です。

これからファーム作りという感じです。あと、この状態では航法機能しかもっていないので、FPGAとモデムを足してオートパイロット化を狙っています。しばらくは書類作業があるので、なかなか進まないと思いますが。

※開発コードはSuper Sylphide (スーパーシルフィード)です。
2007/1/14 進捗状況(1)を書いてみました。

December 25, 2006 23:59 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク

コメント

いいサイズですねぇ。みかんをそばに置きたくなります(笑)

Posted by: odawara : January 12, 2007 10:53 AM

>odawaraさん
大きさはSD、ワイヤの出っ張っている部分を除いて(WDH)51x51x54mm^3、重さは84.0g(ワイヤ、SD含)です。構造部材に金属を使っているのでそれをジュラコンに変更すれば10gは軽くなると思います。大きめのみかんだったらサイズ、重さとも勝てますね(笑)

Posted by: fenrir : January 12, 2007 10:54 AM

コメントする