プラネテス オープニングより

planetes_op1.jpg『ロケットの父』ツィオルコフスキーご本人

planetes_op2.jpg『近代ロケットの父』ゴダードのロケットの実験。飛び上がった高度はわずか、10mにも満たなかったらしい

planetes_op3.jpgフォン・ブラウンが開発したV2ロケット。ドイツはベルサイユ条約によって通常兵器の軍縮を余儀なくされていたので、条約制限外のロケット兵器にはかなり力をいれて開発していた

プラネテス見ていますか~?土曜の朝にやっている宇宙系アニメですが、そのオープニング映像がすぱらしすぎ。宇宙大好きな人にはたまりません。ロケット、衛星、ロケット、衛星…。どれも歴史的なものばかり。
なかでも『ロケットの父』ことツィオルコフスキーや『近代ロケットの父』ゴダード、第二次大戦前ドイツでロケット開発、その後アメリカでアポロ計画に携わったフォン・ブラウンはV2ロケットという形で登場しているのが印象的。

漫画版プラネテスでもハチマキの父、ゴローさんが言っていますが、『ツィオルコフスキーもはじめはうそつきだったんだ』。はい、そうです、宇宙やさんは嘘付き以外の何者でも有りません。自分の欲望を社会全体の夢へとすり替えたペテン師以外のなにものでもないかもしれない。でも、これらの先人たちは人間にとって地球は狭すぎるよ、といことを実証してくれたので結果オーライなんじゃないでしょうか。現在でも宇宙開発を問題視する声は各所からあがっていますが、長期的なスパンでみた場合、果たして人間の生活空間は地球だけで留まっていられるものでしょうか??人間にとって宇宙はただ空を見上げた上にあるだけのものではないんじゃないでしょうか??
理屈をどうこういってもしょうがないので、宇宙開発の是非というのは感情論の世界なんじゃないでしょうか。宇宙へ行きたいから宇宙開発をする、逆に宇宙に行きたくないから宇宙開発に反対する、この程度のことだと思います。僕は見たことないものを自分で見るまで気がすまない人間なので、宇宙に行ってみたいと思ってます。ただ、行きたいとだだをこねるだけでは駄目に決まっているので、多くの人を納得させる努力の一環として、偉大な先人にみならい宇宙への洗脳活動をしていきたいと思ってます。

プラネテスのオープニングについてもっと詳しく知りたい方はここのページをどうぞ。

November 17, 2003 23:59 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク

コメント

はじめまして。
プラネテスで漂流していたら、こちらに辿り着きました。
プラネテスのオープニングが大好きです。
ブログに紹介させていただきましたので、
問題等ございましたら、ご連絡下さいませ。
よろしくお願いします。

Posted by: kei☆ : June 21, 2005 11:43 PM

fenrirです。
全然問題なしです。プラネテスいいですよね、航空宇宙分野をやっている人でこのマンガを知らない人は自分的にはアンチだと思っています。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: fenrir : June 22, 2005 07:26 PM

コメントする