Turnigy9x 国内でも使いたい

ラジコンを制御するために使うプロポというものがありますが、以前そのプロポについてTurnigy9xという激安製品について触れました。ところがこの製品は海外向けでして、そのままで国内で使った場合、電波法に抵触してしまうようです。法律によると、許可なくむやみに電波を出してはいけない、ということになっています。

しかしこのプロポは中身をいろいろと弄って遊ぶことができるので、なんとか国内でも合法的に使用できるようにしたい、と考えました。そこで、問題の電波に関係する部分(送信モジュール)を取り替えてしまえば合法化できる、というのが今回の肝です。

Turnigy9xの送信モジュールは裏面に着脱式であり、プロポのブランドであるJRと互換性があるようです。つまりJRの送信モジュールをつければいいということになりますが、JRのモジュールはTurnigy9xの値段から比べてしまうと高額な製品ですので、Turnigy9xの魅力が半減してしまいます。ところがJRと互換性のある送信モジュールで、国内でも認証を受けている比較的安価な製品を2つ見つけることができました(もし他にもご存知でしたら情報お待ちしています!)。

まず1つはFrSkyの送信モジュールです。たとえばBigNutsさんで購入することができます。値段もさることながら、機能的にも面白く、通常の地上から機体へという無線だけではなく、機体から地上へデータ転送を行うテレメトリの機能も有しています。その機能の1つとして、バッテリの電圧監視機能がありますが、これを使えばバッテリの電圧低下による墜落の可能性を下げられることになると思います。

もう1つはHitec送信モジュールです。ラジコン夢空間さんなどで購入できます。FrSkyと同じくテレメトリ機能を持っていますが、それを使うためには専用のシステムを構築する必要があるようです。またFrSkyよりも高価なようです。

最後に、ここで紹介したモジュールですが、いずれも国内向け商品で、電波法に定める技術基準適合証明(通称、技適)を通ったものです。海外の同等製品を直接個人輸入することも可能ですが、それについては技適を通っていないという扱いですので、電波を出してしまうと電波法に抵触するようです。海外にいい製品があってもなかなか合法的に使うことができないのは残念ですが、仕方がありません…。

February 11, 2011 19:44 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク

コメント

コメントする