mruby 活用事例紹介

以前、mrubyをTinyFeatherに組み込んだことを記事にしましたが、縁あってmrubyの一事例として講演にて紹介させていただく機会を得ました。せっかくなので、発表資料を掲載しておこうと思います。

mrubyを使った理由として、エンドユーザが高額な開発環境をそろえる必要がなくなること、およびエンドユーザが注力したい部分にのみリソースを集中投下できるようになることをあげさせていただきました。

またデモとして、お盆を持っていきました。mrubyで制御しています。Rubyの生みの親であるMatzさんにも遊んでいただきました。とても気さくで素敵な方でした。

DSC_1811.jpg

引き続きmrubyをwatchしていこうと思います。

January 31, 2014 23:07 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク

コメント

コメントする