April 19, 2011

Super Sylphide 進捗状況(40) -- Tiny Featherの回路図、アートワーク

無人航空機(UAV)用のオートパイロットシステムSuper Sylphideの小型改良版Tiny Featherですが、基本的な機能の確認がほぼ終わりました。例えばDSPで計算をまわす、MicroSD上のファイルを読み書きする、サーボが動く、ラジコン受信機から指令値であるパルス幅を読み取る、オートパイロットを手動で強制的に切断する、といったことが可能になりました。

ということで、まだまだ改良する部分があるものの、基板や部品といったハードの部分はほぼ固まったかな、という印象を得ています。ということで、これらの設計データを公開することにしました。tf_r5884.zipというファイルにまとめてあります。公開しているのはEagleの回路図とアートワークで、DSP基板センサ+サーボI/F基板にわかれています。

Eagleで4層の基板を設計してみたい方など、参考になれば幸いです。

※続いてCPLDの中身を公開しました。

19:54 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: https://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/797
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。