June 27, 2008

秋月GPSモジュールから生データ抽出

秋月で販売されているGPSモジュールを購入、分解したことは以前の記事『秋月GPSモジュール@4800円』で書きましたが、その後こんな形になりました。

gps_packet_sniffer_RevA_view.jpg
インターフェイスはPC接続用USBとアンテナ接続用SMA

中身はこんな感じになっています。

gps_packet_sniffer_RevA.jpg
中身はごちゃごちゃ

秋月のGPSモジュールから怪しい線が何本かでているのが確認できるかと思いますが、これは以前計画した通り、GPSの生データ、もう少し具体的にいうと、中間周波数に落とされたGPS電波をAD変換した後のデジタルデータ、を抽出するためのものです。色々オシロを当てて調べてみた結果、目的とする信号がでているのはSiRF GPS2e/LP-7456の82(ACQCLK),84(MAG),86(SIGN)ピンのようでした。これらの信号をPCに転送するために、74HCT4015(4bits dual serial-in/parallel-out shift register、1clockあたり必要な信号は2bitsなのでそれをまとめる)とCypress FX2LP(データ転送用)を使ってみました。74HCT4015は多くのセミコンダクタでディスコンになりつつあるようですが、運良く鈴商で入手できました。

とりあえず組み立ててみた結果なのですが、残念ながら動作しませんでした。SiRFチップからの信号の取得に失敗しているようです。さらに調査してみた結果、以前Novatell SuperStar2から信号を取得しようとしたときと違い、どうやら信号が83ピンを基準電圧とした差動出力されているようでした。特にACQCLKについては実測してみたところ差動で150mVp-pしかないので、コンパレータでレベル変換するしかなさそうです。他の2つの信号MAGとSIGNについてはある程度強度が確保されていたので、AM26LV32TB3R1(後述)等で差動からシングルエンドに変換できると思います。

実はsparkfunで扱っているSiGe GN3S Samplerとほぼ同じ機能のものを実現しようとしているので、買い物で済むことは済むのですが、いつも売り切れ & 楽しくないのでこういうことをしている次第です。

※その後、差動信号はPECLという規格のようだ、ということがわかりました。

10:47 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: https://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/647
コメント

「買ってきてもつまらん」から作る、というのは敵味方を識別する重要なリトマス試験紙です(笑)

Posted by: 酔漢 : June 29, 2008 01:42 PM

>酔漢さん
確かに使えますね、その試験紙。『敵味方』という表現が何とも的を得ていています(笑)

Posted by: fenrir : June 29, 2008 10:10 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。