神舟5号

中国で有人宇宙船『神舟(Shinsyu)5号』が打ち上げに成功した模様。地球を14周して内モンゴルに着陸する予定らしい。いゃ、すごいですね、日本からこんなにも近い国で有人が可能になるなんて…。これで(無事に帰還すればの話ですが)、中国は世界で3番目の有人宇宙船技術を保有する国になるわけで。

今日、学科の授業でもそのことが話題になって、日本の有人宇宙船はやるの、どうなの?、という話がでました。現在の日本では、有人宇宙船技術の開発はタブーらしいです。国が発行する『なんとか白書』とか『なんとか指針』とかには、有人技術の獲得についてはまったく触れられていないらしいです。時期尚早??という考え方に基づいてのものなのか、例えば国際宇宙ステーションの参加にあらわれているように、宇宙で滞在する技術については今後も開発することが明記されているのにね。

日本人の気質が、一回失敗すると次回がやりにくい、あるいは諦めてやめちゃうということらしいけど、もっといろんなことに挑戦しなきゃな。アメリカなんかでは飛行機作るのに何十回と墜落事故を起こした末に完成ということもあるらしいです。失敗を恐れてはいけないよな。ということで、宇宙に行かせてください、そのうち。シャトルは日本製で。

学科のOが『宇宙からニーハオ』だって。この台詞いいなぁ。

October 15, 2003 20:20 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク

コメント

コメントする