707

学科の課題で飛行機を一機選定することに。Boeing707にしました。トリプルセブン(777)とかのご先祖様です。で、真二実験課題はこのパラメータを使うことに決定しました。で今日は707の解説をジェーン年鑑(1972年版、少し情報古いです…)より、邦訳。(今後も航空機、宇宙機ネタはこのスタイルでいきますっ!!)

707のプロトタイプは、1954年初飛行。707は自社開発の商用、軍用向けに開発された367-80("Dash-Eighty")がベースになっているが、その367-80は型式KC-135戦車輸送機として先に軍用で採用されていた。そのKC-135を商用ジェットの転用する許可が1955年7月13日におり、型式証明を取得、707としてデビューした。707は863機受注され、そのうち1972年まで859機が生産された(この数字は軍用機としての"707"、すなわちVC-137シリーズも含む)。

707-320のスペック。
*翼
低翼、単葉。
上半角:7[°]
迎角:2[°]
後退角:35[°]@ 1/4コード
スパン長:44.42[m]
コード長:10.33[m]@root;2.84[m]@tip
アスペクト比:7.056
*胴体
全長:46.61[m]
幅:3.76[m]
全高:13.95[m]
*客室
長さ:33.99[m]
最大幅:3.55[m]
最大高:2.31[m]
床面積:106.18[m^2]
容積:226[m^3]@320B;228.6[m^3]@320C Convertible

などなど(今日は疲れたからここまで)

専門用語はここの解説みるがよろし。

October 07, 2003 23:30 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク

コメント

コメントする