August 24, 2013

Super Sylphide 進捗状況(65) -- Tiny Feather Stack Logger

ご無沙汰しています。オートパイロットシステムTiny Featherに対応したデータロガーを作っています。Tiny Feather自体もセンサを外付けし、中のソフトを改造すればいろいろと外部の周辺機器のログをとれるのですが、A/D変換のチャンネルが少ないのと、CANバスへの対応がないのは不便だなぁ、と思い作ってみました。いつもどおり基板のアートワークを貼ってみます。

stack_logger_brd.png
表と裏。

例によって僕の大好きな8051系の石が載っています。Silicon Laboratories C8051F580です。基板の上下にあるのはA/D変換ポート兼汎用I/Oポートです。CANバスは、トランシーバ SN65HVD233 (IC3)を介してCON20から接続します。I2Cのポートも用意しました。I2Cバスの電圧レベルが変えられるようTCA9406 (IC2)を介してCON21から外に引き出してあります。TinyFeatherの2枚の基板の間に挟んで使うことを想定しており、電源および時刻同期のためにGPS受信機の1PPSおよびTXを引っ張ってきてあります。なお単体としても使えます。

※次の進捗はTiny FeatherのDSPを高速化してみました。

09:20 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: https://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/889
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。