September 07, 2011

Super Sylphide 進捗状況(43) -- Tiny Feather アクリルパネル

無人航空機(UAV)用の次期オートパイロット装置Tiny Featherを鋭意開発中ですが、近いうちに展示会デビューをしそうなので、観賞に適したパネルを表裏につけてみることにしました。

TF_with_panel.jpg
アクリル製

前は写真下のシナベニアで保護していましたが、これですと部品を見ることができません。アクリルにしたところ、とても透明度が高く、実装した部品がくっきり見えます。

パネルの切り出しはEmerge+という、知人の@OuchOuchOuchさんがやってらっしゃる工房にお願いしました。レーザーカットです。

TF_panels.jpg
こんな感じで受け取り

提供されているテンプレート上に図面を作成することで、割安に製作してもらえるサービスを使いました。送付されてきた状態は、まさに提出した図面と同じです。参考に提出したイラストレータ図面をおいておきます。

パネル作りに続いてアクリルでケース作りにもチャレンジしてみたいと考えています。

※この次はTiny FeatherのCPLDの中身(i2c部分)について記事があります。

23:16 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: https://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/815
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。