November 08, 2010

Eagleで HuMANDATA 拡張ボード

多くの種類のFPGAボードを取り扱っているHuMANDATAという会社があるのですが、今度趣味のプロジェクトでそこの基板を使うことになりました。そこで、その拡張ボードをEagleで作っているという次第です。せっかくなので再利用が可能だと思われる拡張ボードのテンプレート(Humandata_half.zip)を公開することにしました。

humandata_half_brd.png
コネクタはHirose FX10A-80P/8-SV1

この会社のボードのいいところは、ボードを変えてもコネクタの配線が統一されていることです。そのためFPGAの規模や会社を簡単に変えることができることです。大きめのFPGAで作っておいて、ダウンサイジングを図る作戦をとろうと僕は考えています。

なおここで紹介したデータは当然無保証です。自己責任の上でお使いください。

※この基板をもとに画像処理用の拡張基板を設計してみました。

08:24 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: https://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/775
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。