October 20, 2010

Super Sylphide 進捗状況(35) -- Tiny Feather ADS ひとまず完成

オートパイロットシステム Super Sylphideの次世代型 Tiny Featherには空気に関する相対的な情報(対気速度や迎角など)を取得するためのAir Data Sensor(ADS)があります。設計から時間が少し経過してしまいましたが、組み立てをしファームウェアを整備して、ひとまず使えるような状態にすることができました。

TinyFeatherADS_RevA_top.jpg

写真に見える3つの黒いセンサは差圧(ゲージ圧)センサで、ピトー管と接続します。銀色のセンサは大気圧を測定するためのものです。

とりあえずのファーム(随時アップデートする予定)は、このあたりにおいておきます。C8051F350の24bit ADCの使い方の参考になるかもしれません。

ちょっと困ったことがありまして、裏面にmicroSDのスロットを搭載しているのですが、microSDを便利に利用できなさそうです。というのもマイコンのROM容量がとても少なく(8KB)、ファイルシステムが載らない可能性がでてきました(計画ミスです…)。ChaNさんのPetit Fatfsの搭載を考えていましたが、それでも8bitマイコンが対象ということもありコード効率が悪く、苦しい状況にあります。

通常運用ではTiny Featherにデータを何らかのI/Fで転送してしまう(今のところUARTを考えています)ので、単体でログをとれる必要はありません。しかし、ADSのみの単独運用もできると便利なので、なんとかしたいところです。 ということで、今後の展開を考えてみました。

  1. microSDにファイルシステムを載せないで運用する(専用の読み出しソフトを作る必要あり)
  2. microSDの形状の何か(例えばSPIROMを載せる)を作成して活用
  3. 単体運用をあきらめる

1が王道のような気もしますが、個人的には2のmicroSD型何かを作る(SPIバスのアダプタとして使う)が面白そうだと感じています。

※次の進捗状況は委託生産品のハードウェアが完成したことについてです。

※※ようやくこのADSもTiny Featherの一員として動作をするようになりました。コード類は最新の状態にしてあります。

07:48 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: https://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/773
コメント

SparkFunのOpenLog(結構小さい)をマウントできるようにする、なんてのはどうでしょうね?
別途3.3Vが必要ですけど。

Posted by: tnk : October 27, 2010 12:35 PM

>tnkさん
なるほど、こういうのがあるのですね。情報ありがとうございます。幸いLiPo1セル(公称3.7V)で動くように作ってあるので、許容範囲で3.3V作らなくとも動いてしまうような気がします(が、ちょっと怖い)。

Posted by: fenrir : October 28, 2010 11:54 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。