October 26, 2009

とあるモノに組み込むセンサのデバック環境

以前、とあるモノに組み込む細長いセンサ基板の話を書きましたが、中身を少しずつ作ってデバックしています。ところがこのセンサ基板、組み込む先の事情で、デバック用に線を引き出すコネクタを生やすことができません。そこで以下の写真のような接続でデバックをしています。

bow_sensor_with_XC-1.jpg
4本ケーブルが刺さっている

この写真のとおり、スルホール(メッキ処理された穴)にピンを差し込んで、デバッカと接続をしています。このピンはちょっと特赦なもので色々な変わった部品を作っているMAC8の『コンスルー(型番:XC-1)』というピン付ケーブルを使っています。使い勝手はなかなか良好で、設計の段階でスルホールの穴径さえ間違わなければ、抜き差しにそれなりの力を必要とし抜けにくくなっています。また多少大きめのスルホールで設計してしまって保持力が小さい場合は、半田でスルホール径を小さくしてしまうのがいいかもしれません(僕はそうしました)。

23:09 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: https://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/726
コメント

MAC8 w

 展示会に行くと、プラの容器に詰め合わせて配ってくれているアレですな。
 サンプルは微妙に使えたり使えなかったりしますけど、はまるとぴったりって感じです。w

Posted by: TeamKNOx : October 28, 2009 05:37 AM

>TeamKNOxさん
カタログを頼むとサンプルまで付いてくるのはちょっとした驚きですね。もう少し入手性が良くなって1個売りしてもらえると、もっと使いどころがあると思うのですが…。

Posted by: fenrir : October 28, 2009 08:08 AM

お薦めしといてなんですが、入手性はおいといても値段が他社の似たような部品より高かったりしるんですよね。
ただ、サンプルくれたりはするので対応よかったです。
カタログや展示会の無料サンプルを大量に集めると結構使えたりw

あと使えるのが100円ショップの洗濯ばさみです。
プラ板に穴を開けて、ピンを固定しておきこれをホットメルトとかで洗濯ばさみにとりつけておきます。
付けたり外したりが簡単になるし、外れにくいので重宝します。

Posted by: と おる すがり : October 28, 2009 09:21 AM

>と おる すがり さん
確かに思ったよりもちょっと高価でした。お金をかけないとなると逆に色々な工夫をせざるを得ないので、それもまた一興ですよね。

Posted by: fenrir : October 31, 2009 10:53 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。