シリアルポートをstd::iostreamと同等にMacOSXでも扱う

以前、Windowsでのシリアルポートの読み書きを、C++で標準的な入出力インターフェイスであるiostreamと等価的に扱うためのヘッダを『シリアルポートをstd::iostreamと同等に扱う』という記事で公開しましたが、その後、MacOSXにも対応させました。ことの経緯としては、MacOSXから猫カメラの情報を搭載されたBluetoothで読み出したい(Bluetoothはシリアルポートとして認識されています)ということがあり、対応した次第です。おそらくLINUX/UNIXでも使えると思います。

ということで、最新版のヘッダcomstream.hです。

上記にあげた以前の記事では、*NIX系ならシリアルポートはファイルと等価に扱えるので、特に苦労はしない、のような話を書きました。しかしながら、読み書きの前にボーレートの調整やタイムアウトの設定など、初期化についてはそれなりにやることがあるようなので、やはりヘッダにまとめておいたほうが便利だと思います。そういう意味でもこのヘッダの価値はあるのではないかと思います。

それにしてもiostreamは良くできたクラスだと思います。バッファリングのなし、ありの両方において拡張性が確保されているので、シリアルポートといったハードウェア絡み(ブロッキング動作なのでバッファなしのことが多いと思います)から、プロトコル実装といったソフトウェアアルゴリズム(通常ノンブロッキング動作なのでバッファありが多いと思います)まで、このクラス群ひとつで幅広く対応できてしまうのが素敵です。

June 20, 2009 17:17 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク

コメント

コメントする