January 13, 2005

Eagle Standard Edition

PCBCADソフト、つまり基板設計ソフトのEagleですが、無償版を使っていて気に入ったので、約2万円で製品を無償版からNon-Profit Standard Editionにアップグレードしました。
これでLayerの2と15が使えるようになり、今まで使えた1と16をあわせて4層使えるようになりました。同時に基板の最大サイズも80*100から160*100になり、より大きい基板が作れるようになりました。

現在発注先として考えているのが、PCB-Poolというところなのですが、ここはEagleのファイルに直接対応していて6層までつくれるようなので、またOLIMEX感覚でより高度な基板がほいほい作れそうな気がします。

23:59 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: https://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/355
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。