October 18, 2004

多重帰還型LPF

センサのアナログな出力をADC(Analog Degital Converter)で数値化する必要があるのですが、その際にはアンチエイリアシングという操作をしないといけないようです。これはサンプリング周波数の半分の周波数(ナイキスト周波数)以上の信号成分があると望ましくないノイズが発生するのを防ぐのが目的で、ローパスフィルター(LPF)によってこの目的は達成できます。

LPFにはいくつか種類があるのですが、今回は特性がよいとされる多重帰還型のLPFを4次バタワース特性、カットオフ周波数100Hz、秋月千石で調達できる部品で作ってみることにしました。Excelとシミュレータ(WinSpice)を使用しました。

以下が設計した結果です。

LPF4.gif

LPF4_Spice.gif

21:45 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: https://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/334
コメント

初めまして、ノンノと申します、フィルターについて教えて下さい。

Posted by: ノンノ : June 13, 2005 10:20 PM

こんにちには、ノンノさん。Googleで検索してみると、色々でてくると思いますよ。

Posted by: fenrir : June 14, 2005 02:41 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。