書留・速達で

この間、院試の願書を郵便局にだしてきたのですが、どうして『書留・速達』指定なのでしょうか。書留は『なくなっちゃいけない重要な書類です』ということを主張するためのものなので仕方がないとは思うのですが、どうして速達なのでしょうか。

しかも局留めの郵便局で投函したので、速達にする意味がまったく感じられません。本当に速達にしなければならないのでしょうか?

仕方がないので、速達にした意義をこじつけて、強引に納得してみることにしました。
速達にすることによってえられる効果は、郵便物が早く目的の場所に到着するということです。今回の場合局留めなので、後ろの籠に郵便物がいれられただけです。ということで、速達にしたことにより、籠に到達するスピードがあがったということでしょう。おそらく局員が3倍速で動いたのでしょう。間違いない。

August 03, 2004 23:38 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク

コメント

そういえばそうだ。疑問に思ったこともなかった自分に腹が立ちます(笑)

Posted by: shig : August 4, 2004 08:56 PM

コメントする