『あがり』と『がり』

どういういきさつだったかはよく覚えていないのですが、すし屋の話になって、『あがり』と『がり』の由来の話になりました。あがりというのは、すし屋さんで出てくるお茶のことで、がりとは寿司にトッピングされてくる甘酸っぱい生姜のことです。

予想は、『あがり』は双六の『あがり』と同じで何かを終わることと関係があるんじゃないか、『がり』は生姜をがりがりと食べる音からきているんじゃないか、といったところでした。

わからないことはすぐ調べたくなる性質なので、調べてみました。
なんと『がり』は正解で、生姜をがりがりと食べる様子から(goo辞典)。
そして、『あがり』は『あがり花』の略で、『あがり花』とは引き立てのお茶のことだそうです(goo辞典『あがり』の(11)『あがり』解説)。

June 05, 2004 11:34 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク

コメント

コメントする