Hoge文化

ふと思ったこと。プログラミングの本とか見ると、任意の変数名とかって色々な流儀がありますね。洋モノだとfooとかbarがメジャーみたいです。和モノだとhogeが多いみたい。

この任意な変数名というのがプログラミングをする人間にとっては結構こだわりのツボであるようで、僕が所属しているプログラマチームではada(アダ)、basha(バシャ)というのがこだわりを持って一部の人で使われています。自分はどちらかというとhoge派なんですが、そのada・basha派の人に言わせると、hogeは両手を使わなければ打てないから駄目(adaやbashaは片手でOK)らしいです。

うぅん、そういわれればそうなんですが、

  • hogeの方がadaやbashaに比べて任意性の響きが高い
  • adaはアダ打ち(よくあること)と間違いやすく、bashaはバクの海におぼれそうだから嫌っ
  • adaはプログラミング言語ADA(エーダ)と混同しやすい(んなもん使わないって??)
というわけで、hogeを使いつづけるつもりです。これって宗教っぽいなぁ。

他に使っている方がいたら教えてくださいm(_ _)m

December 11, 2003 22:09 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク

コメント

私はhoge派です。
foobarの語源は、JokeRFCにもっともらしく書いてあります
http://www.puni.net/~mimori/rfc/rfc3092.txt
が、hogeの語源は何だろう?

Posted by: スオミ : December 11, 2003 10:54 PM

こんなRFCがあったとは…13へぇ。hogeの由来ですが、僕も知らないので目下調査中です(笑)。でも調べている限りではどれがホンモノっていうのはわからなそうですね。

Posted by: fenrir : December 12, 2003 07:30 AM

こんなページ発見。もう知ってました?
http://kmaebashi.com/programmer/hoge.html

Posted by: ひとみ : December 16, 2003 01:31 AM

コメントする