March 23, 2006

Open source GPS

僕は実は航法(ナビゲーション)という分野の研究をしていることになっているらしいです。ということで、最近GPSも守備範囲にしたいなと思い、日夜そういった関係の文献・サイトを漁っています。

日本ではほとんど行われていないのですが、海外ではGPSの受信機をオープンソースで作ろうというプロジェクトがあります。今回僕の中のプランではGPSを理解するために、GPSの受信機を自作することにチャレンジしようと思っているので、これらのオープンソースのプロジェクトは大変参考にしたいと思います。ということでネット上で見つけたサイトのリンクを張っておきます。

Fundamentals Of Global Positioning System Receivers: A Software Approach (Wiley Series in Microwave and Optical Engineering)
あと以前にも書きましたが、Fundamentals Of Global Positioning System Receivers: A Software Approachという洋書が非常に参考になっています。一通りの内容をこの一冊で理解することができます。洋書ですが平易な英語で書いてありますので、非常にオススメの一冊です。

ところでですが、GPSはこれほど世の中の役に立っているのに、なぜ国内で中身に興味をもたれている方が少ないのか、不思議なくらいです。GPSは確かにアプリケーションとして無限の可能性を秘めていて、アプリケーション的に取り上げられることはよくあるのですが、その中身ももっと注目を集めていいのではないでしょうか。
特にGPSの中身は、教育用途としてもっと注目を集めても良いと思います。なぜなら中身を理解するためには、衛星の軌道計画といった航空宇宙系の話から、高周波を含めた電気・電子分野、そして信号処理等の工学的数学など、非常に多岐の分野にわたった幅広い学問的知識が必要となります。GPSを一通り勉強するだけで、これだけ多くのことが学べるのです。
ということで、興味がある方は是非チャレンジしてみてください。なお、僕の方で成果がでましたらここで公表していくつもりです。まずはRF段だ!!

※その後、計画編へと話は続きます

23:59 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/473
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。