このエントリーのトラックバック
URL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/606

このリストは、次のエントリーを参照しています: 'Super Sylphide 進捗状況(14) -- McBSP(SPI)におけるCPU割込とEDMAの協調' , Fenrir's BLog.

トラックバックを送られる方へ
  • トラックバック元の記事は日本語である必要があります。
  • トラックバック元の記事には、"http://fenrir.naruoka.org/"を含んでいる必要があります
DMAによる可変長ブロック転送
概要 DMAによるデータ通信は、固定長で行うのが基本です。が、可変長によるDMA通信を行いたいことだってあります。以下のエントリーはfenrirさんによるものですが、ベースには可変長DMA転送を
ウェブログ: はてな駐屯地
時刻: December 15, 2007 01:08 AM