June 05, 2004

『あがり』と『がり』

どういういきさつだったかはよく覚えていないのですが、すし屋の話になって、『あがり』と『がり』の由来の話になりました。あがりというのは、すし屋さんで出てくるお茶のことで、がりとは寿司にトッピングされてくる甘酸っぱい生姜のことです。

予想は、『あがり』は双六の『あがり』と同じで何かを終わることと関係があるんじゃないか、『がり』は生姜をがりがりと食べる音からきているんじゃないか、といったところでした。

わからないことはすぐ調べたくなる性質なので、調べてみました。
なんと『がり』は正解で、生姜をがりがりと食べる様子から(goo辞典)。
そして、『あがり』は『あがり花』の略で、『あがり花』とは引き立てのお茶のことだそうです(goo辞典『あがり』の(11)『あがり』解説)。

11:34 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/272
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。