About this page
カテゴリー Movie & Animationに属する記事の一覧ページです。
現在このカテゴリーには20本の記事があります。

カテゴリー Movie & Animationの説明:
映画、アニメーション、その他諸々の映像関係~
Latest 5 Entries

狼と香辛料

このところ更新をサボりがちですが、なんとか苦境を乗り切れそうな兆しが見えてきましたので、久々に軽めの内容で更新を行おうと思います。
お題は先日、高校時代の先生のお宅に悪友2人とお邪魔した際に話題になったアニメ『狼と香辛料』です。なかなかツボだったので、原作をAmazonで大人買いしてみました。現在6巻中2巻読破しました。

狼と香辛料 (電撃文庫)
表紙を見てひくのはやめましょう(笑)

詳細は公式サイトに譲りますが、概略を述べると、時は教会や貴族が存在したころ、主人公の行商人ロレンスと、その相棒の賢すぎる狼娘ホロの旅先珍道中を描いたファンタジー作品です。行商人の話ということもあって、町から町へ物を売りさばきつつ、儲かっただの損をしたのの笑あり涙ありの話となっています。
僕は話の設定が巧妙だとすぐにはまってしまう口ですが、この作品はキャラクター設定が実に愉快です。見た目はかわいいが中身は百戦錬磨なホロに、まだまだ青二才なロレンスが振り回されるという構図があり、2人の会話は掛け合い漫才等しく、読み進めていく上でニヤニヤせざるを得ません。ホロの頭の回転が良すぎるのが魅力で、会話を楽しむ前にしていた予測がだいたい裏切られます。そんな時は正直かなり悔しいです、そこまで先を読めるか(笑)。ロレンスもロレンスで、商人気質というかでホロをやり込めようと虎視眈々としているあたりが笑えます。結構撃沈していますが。
ニヤニヤする部分の他(といってもニヤニヤが大部分)は、それなりにまじめな商売の話で、1巻、2巻読んだ限りでも為替や信用取引の話がでてきました。インターネットでオンライントレードではないので、決済が敢行されるまで時間差が発生するあたりが商売の話として捕らえても面白いです。

ということで、ニヤニヤしたいファンタジー好きの方にはお勧めです。なお近辺で貸して欲しいという方いましたら貸します。

Mar 13, 2008. 02:36 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | コメント (0) | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/623

パプリカ

先週、時間を見繕って映画を一本見てきました。公開されてから結構日がたってしまっていますが、筒井康隆原作、今敏監督の『パプリカ』です。今回の記事はそれについての短信を。

話の内容はともかくとして(あれは映画だけみてもわかるわけがないと思います)、とにかく色の使い方が冴えています。本作品は『今まで映像化不可能といわれてきた作品をついに映像化』のようなキャッチコピーでしたが、原作との対比で評価するのとは別次元の価値があるのではないかと思わせられました。確かに原作のトンでも感を出しながら映像化を行うというのは困難を極めた作業だと思いますが、それ以上に配色にこだわりを感じました。
印象に残った場面は、極彩色の異物によるパレード。怪しさを際立たせていました。そして、ラストシーンの灰色1色の暗闇から、色がある現実への回帰。大団円に相応しい演出でした。今、手元にはパンフレットがあるのですが、どの画像も綺麗な配色で飾られています。

声優は安定している布陣でしたね。あんまり詳しくはないのですが、林原めぐみ(綾波レイな感じ)とか山寺宏一(トグサくん)とか。江守徹も悪役でいい味だしていました。

テーマ曲『白虎野の娘』も原作のスクラップさ(褒め言葉です)に負けず劣らず、怪しげな雰囲気をかもし出していて良い感じでした。この曲を聴きながら、プログラムや論文を書くと効果が絶大だと思います。ちなみに『白虎野の娘』は曲を担当している平沢進氏の好意で無料にて提供されています。暇な方は聞いてみてください。

最後にちょっとしたことを。原作でも映画でもそうですが、バーのマスターが過去訳ありの人という設定が(あまりにも自分的にベタすぎて)僕は大好きです。しかも映画版では声を、原作者と監督、つまり筒井康隆と今敏が担当していましたさ(笑)。

Jan 21, 2007. 23:59 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | コメント (0) | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/537

時をかける少女

個人的に話題の映画『時をかける少女』を観てきました。回りの評価がそれなりのもの(Yahoo!の評価で現在4.7/5.0)で、さらに原作が40年前からの折り紙つきなので、外れるわけがありません。予想通り非常に面白い作品でした。
作品全体についていうと、初のアニメ化によって原作の面白さを余すところなく、そしてそれを超えてビジュアルで表現することに成功したのではないかと思います。タイムリープするシーン(時間の帯から帯へと落ちこんでいく)とか、時間を飛んだ後のゴロゴロ(笑)、そしてとにかく主人公が走りまくるあたりがとても個人的にはツボでした。

しかしながら、この作品、原作を忠実に再現したものではありません。現代風に新たに再構成されたシナリオが非常によくできていると思いました。
今回はそのシナリオについて感想をつらつらと書いてみようかと思います。以降、激しくネタばれの可能性があるので、回避されたい方は読まないでください(笑)。

続きを読む "時をかける少女"
Sep 3, 2006. 23:47 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | コメント (0) | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/513

アニメにおけるリアルさ (涼宮ハルヒの憂鬱)

残すところあと2回となってしまった深夜アニメ、涼宮ハルヒの憂鬱ですが、そのクォリティは本当に神がかっていると思います。原作が『にやり』とさせられる内容であることに加え、アニメの作画や音楽がこれでもか、というくらいに細部まで作りこまれていて、本当に脱帽です。

で、今回の記事の内容ですが、その第12話『ライブアライブ』における劇中ライブのアニメーションを見て、いてもたってもいられなくなり筆を、というかパソコンのキーボードをたたいている次第です。アニメでこんなリアルな盛り上がりを体験したのはいつ以来だろう、という気がしています。このように感じさせている要因はなんなのか、思うところを書いてみたくなりました。


そのライブシーンのアニメーション。

もちろん、キャラクターの表情(普通、ヒロインがあんな顔しない)とか、楽器を弾く指使い(どうやら指使いあっているらしい)などは、リアルに感じさせる一因になっているでしょうが、それ以外にも観ていて、これ凄いんじゃない?、と思う点が2つありました。

1つは、カメラワークです。アニメというと、大体が固定された背景でキャラクターが動き回るというのが大半だと思いますが、1:04と1:26のシーンではキャラクターを追ってカメラが動く、しかもその動きがいかにも人間がしそうなブレをおこしています。
この撮り方は、ライブ映像とかでよくあるパターンではないでしょうか。おそらく目が一生懸命、対象を追っているのではないでしょうか、こういう撮り方をされると非常に躍動感あふれるリアルな映像に感じます。

そしてもう1つは、CGの使い方についてです。楽器に注目してみてください。手やスティックの影がちゃんと落ちいているし、楽器自身が動いたときに全く作画が崩れてなく、とてもリアルです。しかしながら全体としてはアニメであることを大切にしており、過度のポリゴン的な気持ち悪さは全く感じられません。おそらく楽器自体は3DCGを使って作っているのだと思うのですが、そのままだと一部だけいかにも3DCGっぽくなってしまい、アニメ全体の雰囲気を壊してしまいます。
そこでですが、3DCGとの合成のテクニックが凄いのではないでしょうか。確かに3DCGの処理にはトゥーンシェーダーというものがあって、減色をすることによりポリゴン的な感じを消すことができるのですが、それだけでは十分ではないと思います。どうやっているんでしょうか。

表現手法を凝ることによって、今回のように多大なインパクトを受けることが実感できました。こういう素晴らしいアニメがまた見られることを期待したいと思います。

Jun 23, 2006. 23:59 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | コメント (3) | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/495

すてプリ

院試勉強でつまらない日々を過ごす中、CATVのアニメで癒されていたりします。そんな中でもかなり真面目に週一回みているアニメがあって、『すてプリ』ことスクラップド・プリンセスだったりします。金曜深夜12:00~。

あんまり詳しくは書きませんが、どんな話かというと、『その者世界の猛毒なり、16才の誕生日を迎えたときに世界を滅ぼすであろう』という迷惑な予言をされた通称『廃棄王女』と呼ばれる女の子が抹殺されそうになるのを、義理の姉と兄とともに懸命に生き延びていくという話です。
話の筋はもちろんおもしろいのですが、特殊な世界背景がその話をより一層おもしろくしています。なんといってもピースメーカーという世界の守護者と戦っちゃうあたりがいいですね。

原作は富士見ファンタジア文庫で、アニメのほうでは原作の最後のほうをやっているような感じです。そういえば、最近はこういう系統の本は読んでいないので、院試が終わったら久しぶりに読んでみようかと思います。その昔はリナ・インバースとかヤマモト・ヨーコとかにお世話になっていたりしました(遠い目…)。

Aug 25, 2004. 23:20 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | コメント (0) | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/317
Old Entries @ Movie & Animation

華氏911

華氏911が今日封切りということで、見てきました。政治的な話はともかくとして、報道という名の表現の原点をみたような感じで非常に痛快でした。 感じたことは次の2点。 まず第一点として、マイケル・ム... [この記事を読む]

Aug 22, 2004. 16:25 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0) | トラックバック

Memories

今日CATVの、Kids Stationで大友克洋のMemoriesをやっていました。おもしろかったー。どうやらスチーム・ボーイの公開を記念しての放映だったようです。 Memoriesは3編構成です... [この記事を読む]

Jul 3, 2004. 23:59 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0) | トラックバック

火の鳥、そしてナディア

NHKで火の鳥やってました。今日が初回でした。 絵がかなり綺麗です。必見かも。プラネテスのときもそうでしたが、NHKのアニメーションってやっぱりお金かけてつくっている感じがします。 NHKのアニメワ... [この記事を読む]

Apr 4, 2004. 20:47 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (2) | トラックバック

イノセンスを見てきました

24日にサークルの後輩とイノセンスを見てきました。 全体の感想をいわせてもらうと、絵は非常にきれいなんですが、もう少し話のテンポが早いと間延びしなくていいと思います。どっちかっていうと絵を見に行った... [この記事を読む]

Mar 27, 2004. 10:24 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0) | トラックバック

エリア88

エリア88がアニメ化されるらしいですね。1/8(木)~、アニマックスでやるらしいです。 数年前に親父の漫画をパクって読んだ記憶があります。ストーリーはあんまり覚えていないのですが、ドッグファイト中... [この記事を読む]

Jan 7, 2004. 00:01 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (1) | トラックバック

Matrix Revolutions 公開

散々、攻殻を贔屓にしている自分ですが、やっぱりイベントには弱いのです。見に行きたかったなぁ。レポートがなければ行っていたのになぁ… [この記事を読む]

Nov 5, 2003. 23:13 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0) | トラックバック

Stand Alone Complex ビックニュース

本日よりMatrixが世界中で公開されるらしいですが、対抗して『攻殻』の話題です(オィ)。どうやら攻殻のTVシリーズ、Stand Alone ComplexがCATVではなく、地上波(日本テレビ)... [この記事を読む]

Nov 5, 2003. 17:58 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0) | トラックバック

メトロポリス

今日CATVのAnimaxチャンネルで『メトロポリス』やってました。大友克洋監督。感動。最後の都市が崩壊する様子なんかすごく大友克洋ぽかった。それ以上に手塚キャラが最初からポテンシャル高いよね。ひげ... [この記事を読む]

Nov 2, 2003. 22:50 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0) | トラックバック

押井 守 『イノセンス』

今朝のズームインスーパーで知ったんですが、押井守が新作を製作中の模様。最近放送された攻殻機動隊のTVシリーズ『Stand Alone Complex』をベースにした作品?? 本日、公式サイトもオ... [この記事を読む]

Oct 31, 2003. 23:59 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0) | トラックバック

Tokyo Godfathers

最近、TVCMをさかんにやっているこのアニメは何??、ということで調べてみました。Tokyo Godfathers。どうやら路上生活者(差別表現??、自信ないです…)の話らしい。3人の路上生活者と一人... [この記事を読む]

Oct 20, 2003. 23:02 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0) | トラックバック

めぞん一刻 最終回

CATVの『キッズステーション』にて本日最終回。めぞん一刻。泣きました~。 忘れないうちに感動の台詞を。『総一郎さん、あなたをひっくるめて響子さんをもらいます。』 最後はみんないい人になっちゃったよ…... [この記事を読む]

Oct 14, 2003. 22:55 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0) | トラックバック

あずまんが大王

Y氏からかりて全部読みました。おもろかった!! つぼキャラですか??つぼキャラはちよちゃんのお父さんっていうのはあり??っていうのは冗談で、一番笑わせてくれたのは、きっとゆかり先生。 なにを間違えたか... [この記事を読む]

Oct 4, 2003. 13:08 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0) | トラックバック

ПΛΑΝΗΤΕΣ

宇宙マニアなお兄さん、お姉さん必見のあの漫画がついに映像化。気づくの遅かったかも…。 ПΛΑΝΗΤΕΣ... [この記事を読む]

Sep 29, 2003. 12:50 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0) | トラックバック

ガンダムSEED 最終話

ガンダムSEEDの最終話は下にも書いたとおり、まだ見てない(02:00現在。)、あとでFLetsにつないで、見ます~。それまでネタばれ禁止の方向でおねげ~しますだ。 生きるほうが戦いだ by カガリ... [この記事を読む]

Sep 28, 2003. 01:50 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0)

S.W.A.T.

S.W.A.T.を午前中見てきた、結構人はいってました、感想は後ほど。 ということで感想@同窓会より帰宅後。 まぁ、ひさびさにアクション映画をみてみたいということでS.W.A.T.をみてみたんだけど... [この記事を読む]

Sep 27, 2003. 14:45 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | コメント (0)