February 24, 2016

Super Sylphide 進捗状況(84) -- Travis-CIでsdccを回す

ちょっとすごいロガーgithubでソースなどを公開していますが、それと組み合わせてビルドテストなどを行うことができるTravis-CIが便利です。Travis-CIはPC系のものにはだいたい対応していますが、カスタムビルド環境を整備することで、ちょっとすごいロガーが依存しているコンパイラのsdccにも対応することができました。

キーとなるのは下に示した.travis.ymlです。ここにビルドやビルド後にバイナリを公開するデプロイの動作を記述しています。

上記にある通り、boostなどの標準的なツールはaptで入れることができるのですが、さすがにsdccには対応していない(リクエストが出されているようなので、そのうち対応されるかも?)ので、カスタム野良ビルドスクリプトbuild-sdcc.shを指定しています。

こんな感じで、この記事を書いている時点でのちょっとすごいロガー最新ファームウェアをv1.0+Firmwareとタグ付けしてリリースしました。最近機能を追加等していますので、その話はまたgithubの中のWikiで公開したいと思います。

23:02 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdelicious.comでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/937
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。