April 23, 2010

3Dプリンタでケースを打ち出してみた

猫カメラでお世話になっている@rkmt先生より『3Dプリンタ、使います?』という素晴らしいお誘いをいただきました。ということで前回のエントリで紹介したケースを3Dプリンタで打ち出してきました。使ったのはDimension Eliteという機種です。

catcam_case_3Dprinter_0.jpg
できあがった直後。顔は@rkmt先生。

catcam_case_3Dprinter_1.jpg
2個製作(左:サポート材除去済み、右:除去前)。

白い部分がABS樹脂で、これがチョロチョロとひも状に積層されることによって形がでてきます。黒いのはサポート材と呼ばれるもので、ビルドアップしていく過程で空隙がある場合、これが隙間を埋めてその上に白いABS樹脂が積層される仕組みになっています。かかった時間は9時間くらいでしたが、プロトタイプがこんな速度でできてしまうとは凄い時代です。ちなみにこれをつくる前にベニアでモックアップを作ってみましたが、今回のモノと比べると精度や強度は当然のことながらいまいちでした。

20:18 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/749
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。