June 14, 2007

epsをまとめてPDFにするRubyスクリプト

表題のとおりの内容です。最近epsで作ったグラフが氾濫するようになりました。この管理方法について頭を悩ませているところです。というのも細かな違いしかないファイルが大量に生産されている故で、これではコンピュータ上で表示されるサムネイルによって中身を完全に把握することができません。
大きな違いがあるものでしたらサムネイルによって確認ということも可能、あるいは小さな違いしかないファイルでも、epsではなくより一般的なjpegやgif、bmp画像でしたら、便利なビューワがいたるところで開発されているので、それを利用すれば何とかなるかもしれません。しかしepsとなると、画質への執着、あるいは職業上の理由でもない限りは使う機会がないと思いますので、なかなか便利な方法が見つかりませんでした。

そこでレガシーですが、紙にepsファイルを一覧を印刷することにしました。手動でやっていたのでは『楽をするために一層苦労をする』というポリシーに反しますので、当然Rubyで自動化します。せっかくなのでTeXとdvipdfmxの協力も得てPDFにすることにしました。

できたスクリプトはfigures2pdf.rbです。実行時ディレクトリにあるepsファイルを全て取り込み、TeXファイルの生成、その後dvipdfmxによってPDF化されます。元の雛形となるTeXファイルはスクリプト内に内蔵しており、これを改造することでお好みのフォーマットで一覧を作れると思います。そのままでは横に2列でグラフが表示されます。また利用に当たってはRubyの用意は当然のこと、platexとdvipdfmxにパスを通しておく必要があります。

これでepsで綺麗なグラフを心置きなく製造できるようになりました。グラフの内容はともかくとして(笑)。

23:59 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/572
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。