October 05, 2005

Google Maps APIでプロット

少し前に巷で話題を独占していた"動く地図"ことGoogle Mapsですが、実験データのプロットに使ってみました。

実験の内容は、コードネーム『199まん』のCrossbow製GPS/INS慣性航法装置(NAV420)を自動車につけて

を走るというものでした。リンクが結果になっています。
さすがCrossbow、高いだけのことはありますね。カーナビに搭載されているようなマップマッチングを使わずとも、車線上に経路がのっています。さらにどちらの車線を走ったかまで記録されています。

Google Mapsなかなか便利ですね。1時間程度の作業でこれだけ目に訴えるものができるとは。今度はGoogle Maps API + GPSでカーナビソフトをこしらえてみようと思います。

01:06 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/432
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。