August 22, 2004

華氏911

911.gif
華氏911が今日封切りということで、見てきました。政治的な話はともかくとして、報道という名の表現の原点をみたような感じで非常に痛快でした。

感じたことは次の2点。

まず第一点として、マイケル・ムーアが自分で見たこと・感じたことが、直接的に表現されていたのがよかったと思います。結局自分が体験したこと以外は自分にとっての真実ではないんだ、ということが改めて感じられました。逆にいえば、個人という枠を超えた理解・解釈などありえないということですが。
この映画をみると彼がどのように考え、どう行動したかがよくわかります。イラク戦争の舞台裏がどうだ、金の流れがどうだという以前に、一人の人間としてそれにどう感じ、どう対応し、どうやってそれを表現したのか、というのが最大の見所ではないでしょうか。

次に国家という単位でのものの考え方が協調されていたように思われます。これについては色々な意見があるでしょうが、少なくとも人間がまとまって国家という単位を形成する目的は何なのか、個人がもっともよく考えなければいけないのではないかと考えされられました。『国のために死んでいく国民』とはなんなんでしょうか?よくわかりません。

とにかく、何か感じた方は是非見てみることをおすすめします。あまり考えずにとにかく感じてみてください。

16:25 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/316
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。