October 31, 2003

押井 守 『イノセンス』

innocence.jpg

今朝のズームインスーパーで知ったんですが、押井守が新作を製作中の模様。最近放送された攻殻機動隊のTVシリーズ『Stand Alone Complex』をベースにした作品??

本日、公式サイトもオープンした模様。


攻殻機動隊『Stand Alone Complex』について。


出来はすばらしいです。CGを多様しているのに、動きに不自然さがないし、なにより話がわかりやすく、最後まで筋が一貫しているので◎。これをみるとMatrixなんか、みんなが絶賛するほどたいしたことないなと思えてくるな。Matrixの監督だって日本のアニメファンだしね(笑)。
西暦2030年には機械と人間の境界があるのだろうか、はたまた人間の個体識別はつくのだろうか、そんな疑問がこの作品をみているとわいてくる。Matrixが人間と機械の競争を描くのに対して、攻殻では人間と機械の共生、いや、競合を描いている、その両者が同時期に公開されているのがなんとも面白い。もしかしたらよくいわれるように、文化圏の違いなのかもね。欧米の国々はあくまで人間と自然を区別するのに大して、日本では『八百万の神』と人間がともに身近な存在なわけだし。
Stand Alone ComplexのHPをみると、『ネットから離脱しろ』の文字が。どういう意味だろうか。この作品がサリンジャーの『ライ麦畑で捕まえて(原書名: Catcher In The Lie)』をテーマにつくられていることを考えると、ネット社会=インチキばかり、そのインチキとは個性の弱体化であり、なんとかして個を確立するには、『ネットから離脱せよ』、ということなのか。だが、僕が思うに、『ネットから離脱せよ??』ということなのではないだろうか。(インターネットに限らず情報網という広義の意味での)ネットを切り離しては、現代人として生きていくことすら難しい。この社会でどうすれば個として存在しつづけることが出来るのか、この作品を通じて考えて欲しいというアンチテーゼな標語なのではないだろうか。


攻殻の細部の感想はまた別の機会に。

23:59 fenrir が投稿 : 固定リンク | | このエントリーを含むはてなブックマーク | この記事をdel.icio.usでブックマーク | トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://fenrir.naruoka.org/mt/mt-tb.cgi/64
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
(次回以降コメント入力が楽になります)
  • 匿名でのコメントは受け付けておりません。
  • 名前(ハンドル名可)とメールアドレスは必ず入力してください。
  • メールアドレスを表示されたくないときはURLも必ず記入してください。
  • コメント欄でHTMLタグは使用できません。
  • コメント本文に日本語(全角文字)がある程度多く含まれている必要があります。
  • コメント欄内のURLと思われる文字列は自動的にリンクに変換されます。